• 2018.4.19

インスタグラムで自分を知ってもらう

ツイッターが短い文章で自分を知ってもらう手段だとしたら、インスタグラムは写真を発信して自分を知ってもらう手段なのかもしれません。
積極的に繋がりを求めているのかといえば、どちらも自分中心の発信環境と言えるでしょう。
ツイッターは限られた文字数の中で自分の生活や興味のあることをつぶやくことで自分の中身を思いがけず知ってもらうことになり、内容そのものから発展して自分自身に興味を持たれることもあるでしょう。
ダイレクトメールで連絡をしてきたり積極的につながりをもとうとしてくる人が出てきたりします。

インスタグラムはそれに比べると写真をならべていくことで生活の一部を切り取り、発信していることになります。
インスタグラムにも説明文をつけることができますし、他の人からコメントをもらうこともできます。
ツイッターなどでは文章を書くときはいろいろと考えてしまうことも多いかもしれませんが、写真だけならポンと気軽に発信できるため、インスタグラム人口は増える一方です。

「インスタ映え」という言葉ができたように、いかにインパクトのある見た目の綺麗な写真を撮るかという事にみんなが夢中になっているようです。
自分が興味のあることに偏ることなく、その時その時に印象に残る出来事を切り取るという感覚です。
ツイッターでは少ない字数で自分をうまく表現することが難しいと感じる人も少なくなかったようですが、インスタグラムではそのような文章の上手、下手を気にすることなく、のびのびと自分を表現できるのが人気の秘密です。
趣味や興味のある分野に徹底的にこだわり、ハッシュタグをつけることで他の人が検索しやすくしておけば同じ趣味の人とつながることも可能です。

またフォローしていない人からも自分の作品に「いいね」がつけられたりすることで、客観的に自分を評価できたり、つけてくれた人のインスタグラムを見に行って参考にさせてもらうこともできます。
インスタグラムをより積極的に活用している例として、そこでマーケットを展開している人も多いようです。
ホームページだけでお客様を待っていてもなかなかアクセスしてもらえない昨今。
インスタグラムやフェイスブック、ツイッターなどのSNSを積極的に活用することによって、双方向のコミュニケーションが成立し、売り上げアップにつながっている店舗がたくさんあります。
いろいろなことを簡単に知ってもらう、繋がりを作る便利なツールです。

スマートフォンの買い替えをする際に、インスタグラムのアカウントを引き継ぎたいと考える人も多いでしょう。
インスタグラムのアカウントを引き継ぐには、ユーザーネームとパスワードがあれば大丈夫です。
新しい端末にインスタグラムのアプリをインストールして、ログインするだけで引き継ぎが完了します。
古い端末のインスタグラムのアカウントはログアウトしておきましょう。
インスタグラムのログインとログアウトの情報はしっかりと管理しておきましょう。

関連記事
ページ上部へ戻る